電通の契約社員、転職・派遣の採用

電通の契約社員の待遇、年収など

電通は、今まで中途採用を積極的に行っていました。
電通の契約社員の場合、その待遇や年収、給与などは、所属する部署や仕事、それまでの経験により様々です

給与は、契約社員であれば正社員規定を無視できるので、正社員より高くも低くもできます。
中途採用で実力のある人をどうしてもとりたい時、契約社員扱いでも同年齢・同役職の正社員より
格段に好条件で迎えることもあるのです。

具体的には、電通汐留本社の求人募集広告で、営業職で月残業80時間ぐらいの想定で
年俸600〜650万円という場合もあれば、契約社員でも年収800万円以上で電通と契約している人もいるという具合。
ただ正社員と比べてしまうと、電通は正社員の給与がかなり高い企業なので、
契約社員の給与は格差があると言えるかもしれません。

でも契約社員と正社員の保険や福利厚生はほぼ同じ。それに、名刺も同じだし、
社員バッジも手帳ももらえる
ので、傍から見ると正社員か契約社員かは分からないぐらいです。

また電通の場合、契約は1年毎の更新です。以前は長ければ10年、20年の間、
契約社員でいる人もいたようですが、今は契約更新は最長5年まで。その後は、正社員として採用されるか、
そうでない場合は契約終了ということになるようです。

電通の契約社員になるメリット

電通の中途採用でいきなり正社員として迎えられるのは、同業他社あるいは
異業種で飛びぬけた実績を持つほんの少数だけ。
ほとんどは、契約社員というかたちです。

電通の契約社員になった場合、契約更新は最長5年までなので、その契約期間に社員登格試験に合格しないと契約が終了し、電通を退社することになってしまいます
そしてこの試験は、倍率が10〜20倍とも、契約社員のうち2%ぐらいしか合格しないとも言われるほどの難関です。

そういう不安定な契約社員になるメリットは、と言えば、もちろん大きな経験ができること。
電通は国内の、そして国際的な大きなイベントをたくさん仕切っていますし、また誰もが知っている大企業と
取引をしています。この経験は、なかなか他ですることができないでしょう。

そしてもし5年のうちに電通の正社員になれなくても、契約社員としての経験は自分のキャリアとなり、
履歴書や経歴書にも書けるものとなります
。また5年のうちに、それなりの人脈も作ることができるでしょう。
この価値は計り知れないものです。たとえ電通を退職することになっても、それらの経験や財産を買われて
中堅の広告代理店や企業にいいポジションで採用される人が多くいます。
若いうちに経験を積み、それを自分のものにしようという積極的な人にとっては、
電通の契約社員になることは大変メリットのあること
でしょう。

電通の契約社員って、そんなにいいの?メニュー

電通の契約社員って、そんなにいいの?リンク